歯を大切にするきっかけ作りは審美歯科で

###Site Name###

健康保険を使って治療すると虫歯を治せば治すほど、口の中が銀歯だらけになりがちです。
人によっては金属アレルギーになったり、メンタル的にも笑うと銀歯が目立つから大きな口をあけて笑えないとか、ついつい口に手をあてて話をしてしまうなどのコンプレックスをかかえてしまいます。それに銀歯ばかりの歯だと、歯をきれいにしたいというモチベーションが上がらず、気持ちもうつっぽくなったりします。
また歯並びが受け口やらんぐいなどよくないと、よけいに虫歯になりやすくなったり、歯のかみ合わせが崩れるため頭痛、肩こり、顎がつかれるなどの不定愁訴を覚えることもあります。

そこでそんな口の中をきれいに治療したいとなると審美歯科へ行かなくてはなりません。

健康保険ではきれいに治療するという考え方がないので審美歯科は自費治療となり、高額な治療費がかかります。

goo ニュースについての情報はこちらです。

自費治療となる審美歯科は歯医者さんによって、治療費が様々です。



どうせ高額の治療費を払うなら、きれいに治療してくれる歯医者さんを選ぶことが大切です。



それにきれいな歯を末長く使えるように、歯の寿命を考えてくれる審美歯科を選ばなくてはなりません。

たとえば根管治療をした後セラミックなどのクラウンをかぶせる場合、根気のいる根管治療をしっかりやってくれる歯医者さんのほうが治療後トラブルが出づらいので大切なポイントとなります。

歯がきれいになると歯磨きをするのも熱が入りますし、大切にすることによっていつまでも自分歯で食事をすることができるのです。