オススメの水漏れ修理業者
2020年2月18日 京都市内で水道工事をする時のポイント

京都市内で水道工事をする時のポイント

家を建てる時などに行う水道管の新設や増設、材質や大きさを変える工事は自治体が指定した事業者にしか行えません。

京都市内であれば京都市上下水道局に申請を行い、適正な工事ができる業者として登録されている事業者に限られます。もし指定を受けていない事業者に依頼して、基準に沿っていない工事をしてしまうと後でトラブルになります。契約をする前に忘れずに確認してください。一戸建ての住宅の新築やリフォームだけでなく、京都市内であればマンションの水道工事も指定事業者に依頼する必要があります。

マンションなどの賃貸物件は、専有部分と共有部分に分かれています。居住者がリフォームなどで水道工事を行えるのは専有部分のみです。共有部分の配管は、管理規約で手を加えられない場合が多いので注意してください。また水漏れの修理などを行う場合も、管理会社への報告が必要です。報告をせず無断で修理を行うと、管理規約の違反になる可能性が高いです。キッチンやお風呂場の部品の交換などは、素人でも自分で行えるものもあります。

パッキンやカートリッジなどの部品はホームセンターで購入することができますし、サイズと形状があっていれば比較的簡単に交換することができます。しかし配管自体に損傷があり、亀裂などから水が漏れている場合は素人の手には負えません。配管の交換など大掛かりな修理は、専門的な知識と技術が必要です。素人が勘で修理をしてしまうと、かえって悪化する可能性もあります。トラブルが起きた時は無理に自分で解決しようとせずに、上下水道局指定事業者に修理を依頼する方が確実です。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *