オススメの水漏れ修理業者
2020年2月9日 トイレの水漏れと排水つまりが起きたとき

トイレの水漏れと排水つまりが起きたとき

トイレは人間にとってはなくてはならない重要な生活設備です。

自然災害が起きたとき、避難場所に住民が集まることがありますが、そのときに一番問題になるのはトイレです。どれだけ重要であるかがわかる場面です。そのトイレが自然災害でもないのに使えなくなることがあります。生活設備ですから、普通に生活を送っていますと劣化して使えなくなるのはある意味当然です。そういう状況になったとき対応方法としては業者に依頼するか、自分で修理するかの二者択一を迫られます。

できるだけ自分が手間を感じずに直したいときは業者に依頼することですが、その方法にはネックもあります。それは「時間がかかること」と「費用がかかること」です。そのデメリットを避けるには自分で修理する方法となります。トイレのトラブルを大まかに分けますと、「水漏れ」と「排水つまり」になりますが、自分で直すのにどちらが大変かと言いますと、ケースバイケースという答えが妥当なところです。

しかし、「水漏れ」にしても「排水つまり」にしても自分で直せないことはありません。ただし、少しだけ勉強する必要はあります。「水漏れ」が起きたときの直し方の基本的な考えは、「漏れている箇所を塞ぐ」ことです。そしてその原因は2つしかありません。「ネジの緩み」と「パッキンの劣化」です。前者は単にネジを締めなおせば大丈夫ですし、後者はパッキンを交換することで完了します。「排水つまり」に関しては、ラバーカップやワイヤー式パイプクリーナーなどという工具を揃えるなら大した問題ではありません。使い方が不安な人もホームセンターに行きますと親切に教えてもらえます。このようにトイレのトラブルは恐れる必要はないのです。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *